アメカジ上級者が思わず反応してしまう、おすすめ腕時計!

腕時計は金額も下は何千円から上は何億円まで(現実は200万円ぐらいまで)ですかね?と金額の幅が広いです。

日本では腕時計は一種のステータスで、どんな腕時計を付けているのだろう?と気になります。

アメカジのファッションが大好きだけど、どんな腕時計をしたらいいか分からない方にアメカジの上級者が見たら思わず反応してしまう腕時計を紹介していきます。

比較的に手に入りやすいモノから、ちょっと頑張れば手に入るモノまで、アメカジ好きに一目置かれるような腕時計を紹介します。

アメカジに合う腕時計

あまりゴチャゴチャしていなくてシンプルなモノがおすすめです。

例えば、ミリタリースタイルの時に実際に軍で使用されているような様々な機能がついたゴチャゴチャしたモノは避けましょう。軍のコスプレになってしまいますからね。

程よくカジュアル感とスタイリッシュ感が混ざった腕時計がいいです。

おすすめ腕時計

G-SHOCK

DW-5000シリーズ

1983年に世界一タフな腕時計が完成しました。初代G-SHOCKのDW-5000Cです。

当時はスゴイ腕時計が発売されたと話題になりました。現在では誰でも知る腕時計です。

1983年以降にマイナーチェンジされながら進化していき、ロングセラーモデルになります。

現在ではG-SHOCKはカジュアルな腕時計の代表でしょう。

カジュアルなG-SHOCKの中で四角いフォルムで無駄が一切なくシンプルな作りです。

ラグジュアリー感はないですがド定番としてアメカジ界に君臨しています。

ハズレがなく安定感抜群でこれを持っておけば間違いない腕時計です。

オリジナルは価格も高騰していますが、復刻などもあり比較的入手しやすい腕時計です。

そのモデルがいいというよりは四角いフォルムであれば問題ないです。

注意点はシンプルなモデルを選ぶことです。

AW-500シリーズ

初代アナログG-SHOCKのAW-500です。デジタル盤面が通常のG-SHOCKには非常に珍しいアナログ版の初代です。

AW-500の存在を知らない人もいるのではないでしょうか?丸いフォルムで無駄が一切ないシンプルで綺麗なデザインです。

アナログでも最近のモデルはゴツゴツしていてゴチャゴチャしていてあまりカッコよくないので古いモデルをおすすめします。

1番のおすすめはユナイテッドアローズ別注モデル。

「シンプル イズ ベスト」でAW-500シリーズの中で一番シンプルで洗礼されています。

現在は販売されておらず探すことも大変で、価格も高騰しています。

出典:https://products.g-shock.jp/_detail/AW-500UA-1E/

2番はAW500G-1Eです。

ユナイテッドアローズ別注より文字盤がほんの少し派手になったような感じでデザインはほぼ変わりません。

こちらも生産終了しています。状態が良いモノを探す事は大変かもしれません。

価格はユナイテッドアローズ別注より安いです。

出典:https://products.g-shock.jp/_detail/AW-500G-1E/

3番はAW500-1Eです。綺麗な丸いフォルムに大きな違いはないです。

文字盤は少しゴチャゴチャした印象になっています。

それでもあの綺麗なフォルムは唯一無二のモノです。

生産終了はしていますが上記2点に比べたら手に入りやすく価格も手頃です。

出典:https://products.g-shock.jp/_detail/AW-500G-1E/



ロレックス

誰もが知る腕時計ブランドです。値段もピンからキリまであります。

高級腕時計の中ではカジュアルでアメカジファッションにもよく合います。

希少価値という意味ではヴィンテージ がおすすめですが値段も高く状態が良いものは手に入れ事は困難かもしれません。

現行の定番モデルもハズレがないのでおすすめです。

もし余裕があるならヴィンテージ を探しても良いでしょう。

エクスプローラーI

ロレックスの中でも比較的シンプルなデザインと高い堅牢性でカジュアルにもスーツスタイルにも合わせやすいエクスプローラーⅠです。

どんな場面でも活躍できるので汎用性が高く値段以上に活躍してくれます。

存在感はありながらファッションの邪魔をしないデザインはアメカジと相性抜群です。

1953年に冒険家のために作られたモデルです。エクスプローラー1といえば某人気ドラマで人気俳優が着用して絶大な人気を得ました。

販売状況

現行も販売されているので購入は可能です。ヴィンテージは高額になります。

サブマリーナ

年齢問わず、誰が身に着けていても上品な存在感を放つロレックスの人気モデル”サブマリーナ”。

”ダイバーズウォッチ”として開発されたサブマリーナは、オンオフ問わず身に着けることが可能な「洗練されたデザイン性」、「機能性」を兼ね備え、誰からも愛される高級腕時計として高い人気と知名度を誇ります。

1953年に登場して以来、ダイバーズウォッチの代名詞として人気を博しているサブマリーナ。

ロレックスの中でも1位、2位を争う人気モデルです。

映画の007でジェームス・ボンドのショーン・コネリーが着用していたものがロレックス・サブマリーナです。

詳しい品番は後日紹介します。

NATO軍のナイロンベルトに変えて着用しています。

ロレックスの腕時計のベルトをナイロンベルトに変えている人はこれからヒントを経ています。

通な仕様で「知っているな」と思わせることができます。

販売状況

現行も販売されているので購入は可能です。ヴィンテージは高額になります。

出典:https://www.pinterest.co.kr/pin/391672498833744737/

オメガのヴィンテージ

一般的にアンティークの世界では100年以上経ったものを指しますが、腕時計の歴史自体が100年ちょっとしかありません。

そうすると腕時計にはアンティークが存在せず、古いものとの区別がつかないため、便宜上1970年代以前に作られた時計をアンティークと呼ぶのが一般的です。

しかし最近では30年以上経った時計をアンティーク(またはビンテージ)と呼ぶ事が多くなってきました。

そのため1980年代の時計もアンティーク時計にカテゴライズされることもあります。

オメガのヴィンテージの腕時計は比較的に安価で手に入ります。

現行品のように知人などとかぶる事はほぼないでしょう。

ヴィンテージだけあって雰囲気も抜群でかっこいいです。

現行品に比べるとメンテナンスは多少気を付けていないといけませんが、それをも凌駕するレベルでかっこいいです。

ヴィンテージ品になるので出会いが一番大事でこれだと思ったら購入をおすすめします。

販売状況

ヴィンテージなので値段もモデルもピンからキリまでです。予算を決めて探すことをおすすめします。

ハミルトン

ベンチュラ

ハミルトンの中で代表的なモデルです。

特に古着好きな人がつけている印象です。

エルビス・プレスリーが愛用していたことが最大の理由でしょう。

ベンチュラの魅力はやはりアシンメトリーなデザインでしょう。

腕時計では普通な丸や四角が一般的なデザインです。

ベンチュラは他にはないシルエットで差別化できます。

ベンチュラの中でも色々なモデルがありますが一番シンプルなクォーツがおすすめです。

販売状況

現行で販売中です。価格も高級腕時計のような高額ではなく比較的に手に取りやすい値段です。

created by Rinker
Visit the HAMILTON(ハミルトン) Store

SUUNTO(スント)

VECTOR(ベクター)

デジタル時計の名品です。

機能性がある上に頑丈でデザインも優れている為に根強い愛好家が世界的に多いです。

アウトドアやスポーツよりのスタイルの方におすすめです。

カラーバリエーションが豊富ですがハズレの色がないので好みの色を選んで頂いても間違いないです。

販売状況

現在は販売が終了しています。

終了してからまだ間もないため、オークションなどでも新品を購入することも可能でしょう。

価格も定価で2万円ぐらいなのでプレミア価格がついていないものを選べば比較的安価で手に入ります。

おすすめ腕時計の傾向

おすすめを紹介してきて1つの傾向があります。

それは定番でありながら希少価値が高いことです。

アメカジ好きは定番が好きで、希少価値が高いものが好きな傾向があります。

それは腕時計も例外ではないです。今では手に入らないものに価値を見出します。

それが良いか悪かは別にして、本物で良いものを見抜く力があるということです。

そんな人たちを認めさせるには本物を知らないといけません。

まとめ

・シンプルでカジュアルな腕時計がおすすめ。

・定番でみんなが知っているブランドがおすすめ。

・値段問わずに希少性が高いのも。

アメカジ好きな人はファッションに詳しい人が多いです。

見た目だけではなく機能性やストーリーなども含めてファッションを楽しんでいます、ですので本物を見抜く力が自然についている人が多いです。

そんな人たちと肩を並べるには本物を知ることが大事です。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。