レザージャケット着用時期は?いつから、いつまで?徹底解説

レザージャケットを着る時期や季節っていつなの?って思ったことがある人多いと思います。

ネットで調べても意外と意見がバラバラで分からない。

レザージャケットの適性の季節を解説します。

対象のレザージャケット

レザーのダウンジャケットや、ミリタリーの毛がふさふさのレザージャケットは除外します。

防寒使用を施していないライダースやミリタリーのA-2などを対象とします。

レザージャケットの特徴

無骨で男らしい。男のロマンです。

エイジングを楽しめる。

ジーンズと同じで着て育てるのも革製品の魅力です。

革製品は着れば着るほど伸びが出て自分の体にフィットしてきます。

こうなったらオーダーメイドと一緒ですね。

レザージャケットの勘違い

よく勘違いされているのはレザージャケットを暖かいと思っている人が多いですがレザージャケットは暖かくないです。

レザージャケットを着ている人はあまりいません。

レザージャケットは体にフィットして風の抵抗が少なく、風邪を通さないため、バイカーは好んでレザージャケットを着用しています。

寒い時期にバイカーを見ていると分かるのですがレザージャケットを着ている人はあまりいません。

レザージャケット着用の季節

レザージャケットは防寒着ではありません。防寒力はGジャンなどと変わりません。

春と秋がレザージャケットを着るベスト季節です。

当然ですが夏は暑くて着れないです。

冬は防寒対策すれば着れなくはないですがかなり寒いです。

冬はインナーとして着用する事はできます。

月別適正

1月(平均気温 5.6℃)着用 ×

1年で一番寒い月です。防寒対策でかなりインナーを着込んでも寒いでしょう。

レザージャケットは保温性が低く寒い場所ではレザー自体が冷え込み冷たくなります。

2月(平均気温 7.2℃)着用 ×

1月よりは暖かいですが、まだまだ寒いです。

1月同様にインナーを着込んでも寒いでしょう。

3月(平均気温 10.6℃)着用 

平均気温も10℃も越え春に向け暖かくはなってきています。

でも、まだまだ寒い時もあります。

インナーに暖かいものを着れば十分快適に過ごせます。

4月(平均気温 13.6℃)着用 

レザージャケットの最高の季節になります。

インナーは薄手1枚で上に羽織るぐらいで快適に着用することができます。

5月(平均気温 20.0℃)着用 

快適に着用できるでしょう。

日によっては暑い日もあるので羽織ったり脱いだりを繰り返すこともあるでしょう。

6月(平均気温 21.8℃)着用 

着用はできますが、暑い日も増えてきて半袖で十分な時もあるでしょう。

常に着用することは難しくなるでしょう・

7月(平均気温 24.1℃)着用 ×

暑い日がかなり増え、常に着用ということは難しく、時々くる寒い日にちょっと羽織るという形です。

年によっては寒い日がないかもしれないので着用できない時もあるかもしれません。

8月(平均気温 28.4℃)着用 ×

1年で1番暑い月です。革ジャンを着ることは皆無でしょう。無理して切れなくもないですがレザーは湿気に弱いので汗を掻くことはレザーにとってあまり好ましい環境ではないです。

9月(平均気温 25.1℃)着用 ×

秋で涼しいイメージを持っている方が多いですが、実はかなり暑いです。

1年で2番目に暑いのでレザーの着用も難しいでしょう。

7月同様で、寒い日があれば羽織るという形になります。

10月(平均気温 19.4℃)着用 

レザージャケットを快適に着用できる季節になります。

まだ少し暑い日もありますが、ほとんどの日で快適に着用することができるでしょう・

11月(平均気温 13.1℃)着用 

10月同様に快適にレザージャケットを着用できるでしょう。

11月はかなり寒い印象がありますが意外と暖かく4月とほぼ同じ平均気温です。

実は意外と暖かいです。

12月(平均気温 8.5℃)着用 ×

平均気温で10℃を下回っているのでレザージャケット着用は厳しいでしょう。

暖かい日はインナーでしっかり防寒対策をすれば着用できるでしょう。

・快適100%シーズンは4月、5月、10月、11月

・快適50%シーズンは3月、6月

・快適0%シーズンは1月、2月、8月、12月

・レザージャケットに湿気は大敵

適性気温

平均気温が25℃を超えるとTシャツで過ごせるようになるので長袖自体が厳しいでしょう。

平均気温で10℃を下回ってくるとインナーで防寒対策をしても寒くて厳しいでしょう。

理想は10℃から20℃の時は快適に着用することができます。

レザージャケットの保管方法

型崩れ防止のために太めのハンガーを使用して日陰の風通しが良いところに保管してください。

革製品に湿気は大敵です。オフシーズンにきちんと保管しないと、オンシーズンに着ようと出したら”カビだらけ”なんてこともあります。

レザージャケットは決して安いモノではありません。こんな事にならないように、しっかり保管しましょう。

レザージャケットメンテナンス方法

栄養を与えるためにオイルをたっぷり塗れば良いだろうと思っている人、実は半分は正解で、半分は間違いです。

オイルを塗りすぎると栄養過多になってカビの原因になってしまいます。

オイルはせいぜいジーズンに1度塗る程度で問題ないでしょう。

汚れた状態で上からオイルやクリームを塗らないようにしましょう。

汚れも一緒にコーティングしてしまいよくありません。

汚れの落とし方

硬く絞ったタオル等で拭き取ってください。その後、乾いたタオル等で拭き取ってください。

おすすめ定番オイル

最後に

レザージャケットは昔の衣料です。

現在のハイテクな衣料に比べると性能面では圧倒的に劣ります。

しかし現在でも多くの人々に愛されています。

決して安価ではないレザージャケットがこれほど愛されているのは、

単純に衣料としてカッコよく何かロマンを感じるからではないでしょうか?

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です