おしゃれに見えるメンズ浴衣の選び方!浴衣選びに迷ったら必見です!

浴衣って大人っぽくて格好良いです。花火大会ぐらいで1年通して着る機会が少ないのはネックです。浴衣を持っていない人も多いのではないでしょうか?

・どうやって浴衣を選べば良いか分からない?

・どんな浴衣があるの?

など、あまり着る機会がない浴衣なので、実際に購入しようと思ってもどんな浴衣を買えば良いかわからない人も多いと思います。

この記事は、床屋の選び方が分からない人に浴衣の選び方を分かりやすく解説しています。読み終わった頃には欲しい浴衣のイメージが出来上がっているでしょう。

素材の選び方

素材は3種類から選ぶ

浴衣の素材は主に綿、麻、化学繊維の3種類があります。それぞれの素材の特徴を解説していきます。素材の特徴を理解して自分に合った素材を選びましょう。

綿

綿のメリット

・吸水性が高い。

・通気性が良い。

・肌触りが良い。

綿のデメリット

・洗うと縮みやすい。

・毛羽立ちやすい。

綿素材には上記のようなメリット、デメリットが上げられます。綿といっても様々な種類がありますので全てが当てはまるかと言われれば一概にはそうとは言い切れませんが大まかにはこんなところです。

綿という素材は1番身近な素材で最も着用経験がある素材です。衣料品の中ではベーシックで着やすい素材です。多少雑に扱っても問題ないです。

洗濯への耐久性が高い素材ですが、デメリットの洗うと縮みやすいということから自宅で洗濯をするよりもクリーニングに出した方が無難です。

麻のメリット

・速乾性が高い。

・通気性が良い。

・着心地が良い。

・高級。

麻のデメリット

・値段が高い。

・シワになりやすい。

麻は綿と比べるとどちかといえば上級者向きの素材です。洗濯をして縮まないわけではないので洗濯はクリーニングがオススメです。

綿と麻を使った綿麻素材もあります。価格もお手頃で取り扱いやすことが魅力的です。混紡素材なので当然ですが、綿と麻の中間農用な素材です。初心者で麻素材が良いという人は、この綿麻素材がオススメです。

化学繊維(ポリエステル製)

化学繊維のメリット

・耐久性が高い。

・風通しが良い。

・自宅で洗濯できる。

・値段が安い。

化学繊維のデメリット

・静電気が起きやすい。

・毛玉ができやすい

・汚れが吸着しやすい。

化学繊維の中でも浴衣でよく使われているのはポリエステルです。ポリエステルの魅力はやっぱり耐久性が高く、安価なところです。シワになりにくい素材なので洗濯も自宅で出来ます。

化学繊維の浴衣は耐久性が高く、自宅で洗濯ができるので取り扱いがしやすく、それでいて安価というのはとても魅力的です。浴衣初心者の方にオススメの素材です。

サイズ選び方

サイズ選びは着丈が重要

浴衣のサイズはS、M、L表記がほとんどです。S、M、L表記の場合はブランドやメーカーによってサイズ感が違うのでしっかりとそれぞれの部分(着丈、袖丈、身幅など)のサイズを確認しまし

着丈の適正

先述で着丈の長さはくるぶし程度がベストと述べました。その着丈の適正の長さは「身長ー25cm〜30cm」と言われています。ということは首上の長さとくるぶし下の長さが25cm〜30cmということです。この適正数字はあくまで目安です。体型は人それぞれで、これに当てはまらない人もいます。実際の寸法で判断しましょう。

出来ることなら試着しよう

サイズ選びで一番良い方法は、実際に試着してアドバイスをもらうことです。先述しましたがブランドやメーカーにサイズの寸法が異なります。さらに形やディテールも異なってきます。浴衣の特製や特徴の知識に長けた人にアドバイスしてもらうことがサイズ選びを失敗しない最も最善の方法です。

色と柄の選び方

「ダークカラー」がおすすめ。

色は大きく分けて「ダークカラー」と「ライトカラー」の2パターンになります。初心者には黒色、紺色、などのダークカラーがおすすめです。

ダークカラーは帯や下駄などとのコーディネイトしやすことがポイントです。また引き締まって見えるのでしっかりまとまって見えることもポイントです。

ダークカラーとは逆に生成りや白色といったライトカラーは膨張色なので、引き締まって見えるようにしようと思うと帯や下駄のチョイスがポイントになってきます。ですので帯や下駄選びもポイントになってきますので難易度が上がります。どちかと言えば上級者向きのカラーです。

「小さい柄」もしくは「無地」がおすすめ。

小さい柄は落ち着いて見えるという特徴があります。浴衣は大人っぽい印象の衣類ですので落ち着いて見えることはメリットとなります。それと小さい柄や無地のものはシンプルですので、帯は比較的にどんなものでも合わせやすいです。

逆に大きい柄は、玄人向けです。インパクトが強く着こなすのは小さい柄よりも難しいです。ただ小さい柄や無地では物足りないと思う人や個性を出したい人は大きい柄の方が良いでしょう。

まとめ

素材は「綿」「化学繊維」がおすすめ。

色は「ダークカラー」がおすすめ。

柄は「小さい柄」「無地」がおすすめ。

浴衣を購入したことがない人でも、浴衣のルールさえ分かればおしゃれに着こなす事ができます。夏にしか着る事がない浴衣ですが、着こなせればおしゃれ度は格段にアップします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です