進化したデニム!ヤヌークのジーンズ!こんなジーンズが欲しかった!

・ヤヌークとは?

・どんなジーンズなの?

・ジーンズはどんな種類があるの?

ヤヌークのジーンズを知らない人や、興味を持っている人の疑問を解決できる記事になっています。

ビンテージジーンズ、レプリカジーンズ、ハイブランドのジーンズまで見てきた経験を元に、ヤヌークのジーンズの凄さを紹介します。

記事前半はヤヌークのデニムの凄さについて、記事後半はヤヌークのジーンズのモデルについてまとめています。

この記事を読み終わった頃には、ヤヌークのジーンズが気になって仕方なくなるでしょう。

ヤヌークとは?

2003年にロサンゼルス生まれのデニムブランドです。

リラックス感を意識した「YANUK」は、空と海が映し出す美しい青色のグラデーション、ロサンゼルスのナチュラルな雰囲気がブランドの姿を、よりくっきりと浮かび上がらせます。

ヤヌークの魅力

「YANUK」の最大の魅力はシルエットの美しさと極上の穿き心地にあります。

メンズラインでは、「いくつになってもデニムが似合う人であって欲しい」との思いを込めて、ベーシックなデザインながらもスタイルアップできる絶妙なカッティング、過度なダメージや色落ちをあえて避け、清潔感を意識しています。

そして「デニム=窮屈」という概念を覆す、ストレスフリーな履き心地です。時代によってトレンドは変わっても、ファッションを愛し、楽しむ大人に優しく寄り添い、最愛のパートナーになってくれます。

ヤヌークのジーンズ

ヤヌークのジーンズの特徴

ヤヌークのジーンズは若者から大人まで、幅広い世代から支持されています。その理由としては以下のようなことが上げられます。

履き心地が最高

ジーンズを履く時の悩みで多いのは、リアルなヴィンテージ 加工のような厚手で格好良いデニムを履きたいけれど、硬くてゴワゴワしているのが嫌だということです。そんなデニムの悩みを解決できるようにと作ったのがヤヌークのジーンズです。履き心地を徹底的に追求しています。

生地から全て作っているヤヌークは、独自の技術で高級素材のリヨセルを混紡しています。厚手でもごわつかない生地を作り出しています。(ホワイトデニムを除く。)

リヨセルとは

高級素材のTシャツとか下着とか、テロっとした生地感のものによく使われている素材です。リヨセルの何がいいかというと、穿いたときに肌触りがゴワゴワしません。

シルエットが美しい

ジーンズを選ぶときにウエストのインチで合わせるのが普通です。今まではそうでした。しかし「ヤヌーク」は体型に合わせたウエストではなく、いちばんキレイなシルエットでジーンズを履く。そんなジーンズを実現したのがヤヌークです。「ヤヌーク」の登場で、これからはウエストではなくシルエットで選ぶような時代になるかもしれません。

何故、シルエットでサイズが選べるのか?

独自のストレッチ素材で腰帯部分が伸縮するヤヌークのジーンズ。普段30インチのジーンズを穿いている人が28インチを違和感なく穿けます。1インチ、2インチダウンして脚に合わせて選んぶこともできるため、スキニースタイルを楽しむこともできるのがポイントです。ヤヌークのジーンズは、流れるような美しいシルエットをもっとも生かすためにウエストではなく太ももでサイズを選ぶのがおすすめです。

また、オンスのある厚めの生地を採用しているので、型崩れしにくいのもヤヌークのデニムのポイントです。ストレッチが効いているのでタイトに穿いても膝抜けがしにくいです。

もともとレディースブランドとしてスタートした「ヤヌーク」。計算し尽くされたカッティングが生み出す美しいシルエットで人気を高めてきました。メンズラインは2016年の春夏シーズンから登場しましたが、レディースラインで培った経験がスタイルアップして見えるシルエットに落とし込まれています。

加工にこだわり

ヤヌークのジーンズの特徴としては加工技術の高さも上げられます。

ヤヌークのジーンズは職人が手作業でやっています。通常の加工方法と見極めてもらうには、サイドの加工を見てもらうと分かります。通常は前後の加工のみですが、サイドにもリアルな加工が施されています。このサイドの加工が加工技術の高さのポイントです。

通常の加工方法

「ハリガタ」という脚の形をしたものにデニムをズボッと入れて、そこからレーザービームで削っていきます。前面が終りましたらガシャッと後面に向きを換えて同じことをやります。

ヤヌークのジーンズの種類

MICHEL スリムストレート

年代問わず、美しく見えるシルエットを追求している、定番の人気モデルの「MICHEL」。スリムすぎず、かといってジーンズ特有の野暮ったいシルエットではなく万人に似合う王道のスリムストレートのシルエットです。裾にかけて極端に絞りを入れることはなく膝から裾にかけてストンと落ちるストレートなシルエットが脚長効果にもつながっています。また股上部分も工夫があり、前股上は浅めで、後股上は深めの仕様になっています。この比率が抜群に良く、シルエットと履き心地の良さを生み出しています。

詳細はこちら

VINCENT スリムテーパード

人気のスリムストレートシルエット「MICHEL」をベースに、膝から裾に掛けてテーパードを強めたスリムテーパードシルエットの「VINCENT」。「MICHEL」同様に浅めに設定された前股上としっかりと取られた深めの後股上がシルエットと穿き心地の良さを生み出しています。狭く設定された裾幅が、靴を選ばずコーディネートのしやすさが最大の特徴です。「ヤヌーク」の特徴のウエストが伸びる仕様の効果で、ウエストの圧迫感や急激な体型変化にも対応。気になるお腹まわりを気にする事無く、キレイなシルエットで選べるのもポイントです。

レングスを76cmに設定したことで、裾上げすることなく穿いていただけます。

詳細はこちら

NEIL タイトスリム

一般的に細身のジーンズに使用されているハイパワーストレッチは生地感も薄く、ナヨナヨした印象の物が多い中、しっかりした生地厚感と強力な伸縮性が最大の特徴です。全体的に余分なモタつきは無くし、着用する上で必要なゆとりを設定しています。タイトスリムのシルエットは、上品で美しいシルエットはスタイリッシュに履くことができます。

レングスを76㎝に設定したことで、裾上げすることなく穿いて頂けます。

詳細はこちら

BEN クラシックストレート

しっかりとした地厚感がありながら、身体に馴染む柔らかさや肌あたりの良さを追求した12.75ozオリジナルデニムです。加工は有名古着店のBerBerJinディレクターの藤原氏が厳選したビンテージジーンズを最先端の技術と職人の手作業というハイブリッド技術によって再現された至極の表情です。ゆとりのある穿き方をした際に生まれるボヤっとしたエッジが効いていない表情が特徴です。深めに設定された股上が安心感のある穿き心地。インチダウンでスッキリ穿いたり、インチアップで少しルーズに穿いたりと汎用性の高さも特徴の一つです。どうしても懐古主義的に見られがちなクラシックシルエットを新鮮なアイテムに変化させました。

あえてレングスを68㎝と短めに設定したことで、靴下がチラ見えするアンクル丈に。

詳細はこちら

BRUCE クラシックスリム

70’s古着のスリムジーンズを現代版に改良した「BURUCE」。ヨコ糸にミキシング(伸びる糸と伸びない糸を交互に打った仕様)を採用する事で、綿100%の様なシッカリ感とストレッチが共存し、70年代風のレトロな顔を再現した13ozのオールドストレッチデニムです。穿き心地を考え、腰帯・向う当て布(前ポケットの下側布の事)・バックヨークに異なるストレッチデニムを切り替えとして使用。ストレッチ性があり履き易いのに、ヒザ抜けや型崩れがしにくい仕様です。70年代後半~80年代前半に流行した、センタープレスを付けて穿く着方によって生まれるセンターのアタリを再現。当時のミュージシャンを彷彿とする、カルチャー感が強く感じられる一本です。70’sスリムジーンズに見られる様な、深めに設定された股上と厚みを削り薄く作られた腰回りが、特にヒップにボリュームの少ない方にオススメです。

レングスを76㎝に設定したことで、クッションをあまり作らず今っぽく穿いて頂けます。また、裾上げすることなく穿いて頂ける事も魅力の1つです。

詳細はこちら

コラボレーション

ヤヌークでは、様々なブランドや著名人とのコラボアイテムが存在します。最近では、原宿の老舗の有名ビンテージショップのベルベルジンのディレクターの藤原 裕氏とのコラボアイテムがリリースされています。ビンテージジーンズを知り尽くした藤原氏とのコラボは魅力満点です。様々なアイテムがリリースされています。

詳細はこちら

まとめ

・ヤヌークとは最高のジーンズを作っているデニムブランドです。

・ヤヌークのジーンズは履き心地とシルエットと加工が最高です。

・ヤヌークジーンズはオシャレ度がアップします。

注目のデニムブランドのヤヌークのジーンズ。ジーンズ好きのみならず、ジーンズから遠ざかっている人でもオシャレに快適に履くことができます。これからのデニムシーンを引っ張っていくブランドになっていくでしょう。ジーンズが気になっているならヤヌークがおすすめです。

【YANUK(ヤヌーク)オンラインストア】
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。