デニムならYANUK(ヤヌーク)!評判は?その実力はスゴかった!

・ヤヌークってどんなブランド?

・ヤヌークのデニムって良いの?

・デニットって何?

と疑問を持っている人に、ヤヌークについての疑問を解決できる記事になっています。

記事前半はヤヌークについて、記事後半にかけてデニム、デニットを詳細に解説しています。

この記事をよも終えた頃には、ヤヌークを履いてオシャレをしたくなっているでしょう。

ヤヌークってどんなブランド?

2003年にL.A. のリラックス感から生まれたデニムブランドの「YANUK」空と海が映し出す美しいブルーのグラデーションと、その土地のもうひとつの顔であるナチュラルなムードが、ブランドのアイデンティティを よりくっきりと浮き上がらせています。

ヤヌークの魅力

「YANUK」の最大の魅力はシルエットの美しさと極上の穿き心地にあります。

メンズラインでは、「いくつになってもデニムが似合う人であって欲しい」との思いを込めて、ベーシックなデザインながらもスタイルアップできる絶妙なカッティング、過度なダメージや色落ちをあえて避け、清潔感を意識しています。

ウィメンズラインでは女性らしいシルエットを追求しています。どこか可愛らしさと色っぽさを纏ったフェミニンなムードを大切にしています。

そして性別をこえて共有しているのは、「デニム=窮屈」という概念を覆す、ストレスフリーな履き心地です。時代によってトレンドは変わっても、ファッションを愛し、楽しむ大人に優しく寄り添い、最愛のパートナーになってくれます。

ヤヌークのデニム

ヤヌークのデニムの特徴

ヤヌークのデニムは若者から大人まで、幅広い世代から支持されています。その理由としては以下のようなことが上げられます。

履き心地が抜群

デニムに関する悩みで多いのは、リアルなヴィンテージ 加工のような格好良いデニムを履きたいけれど、硬くてゴワゴワしているのが嫌だということです。そんなデニムの悩みを解決できるようにと作ったのがヤヌークのデニムです。履き心地を徹底的に追求しています。

近年、デニムはタイトに履く方が多いのです。厚手のオンスで履くとなるとゴワゴワしてしまいます。そんな悩みを解決できるように作ったのがヤヌークのデニムです。ヤヌークのデニムは完全オリジナルの生地です。

生地から全て作っているヤヌークは、独自技術で高級素材のリヨセルを混紡しています。厚手でもごわつかない生地を作り出しています。(ホワイトデニムを除く。)

リヨセルとは

高級素材のTシャツとか下着とか、ドレープ感のあるテロテロっとした生地感のものによく使われている素材です。リヨセルの何がいいかっていうと、穿いたときに肌触りがゴワゴワしないんですね。

シルエットが最高

例えばジーンズを選ぶときに私たちはウエストのインチで合わせるのが普通です。今まではそうでした。しかし「ヤヌーク」の登場で、これからは違うかもしれません。体型に合わせたウエストではなく、いちばんキレイなシルエットでデニムを履く。そんなデニムを実現したのがヤヌークです。

もともとレディースブランドとしてスタートした「ヤヌーク」。計算し尽くされたカッティングが生み出す美しいシルエットで人気を高めてきました。

メンズラインは2016年の春夏シーズンから登場しましたが、レディースラインで培った経験がスタイルアップして見えるシルエットに落とし込まれています。

独自のストレッチ素材で腰帯部分が伸縮するヤヌークのデニム。普段30インチのデニムを穿いている人が28インチを違和感なく穿けるので、1インチ、2インチダウンして脚に合わせて選んだりと、スキニースタイルを楽しむこともできるのがポイントです。ヤヌークのジーンズは、流れるような美しいシルエットをもっとも生かすためにウエストではなく太ももでサイズを選ぶのがおすすめです。

また、オンスのある厚めの生地を採用しているので、型崩れしにくいのもヤヌークのデニムのポイントです。ストレッチが効いているのでタイトに穿いても膝抜けがしにくいです。

加工

ヤヌークの特徴としては加工技術の高さも上げられます。

すべて岡山の自社工場で作っています。なので、加工にもほかのデニムと大きく違う箇所があります。インポートデニムの加工っていうのは、「ハリガタ」という脚の形をしたものにデニムをズボッと入れて、そこからレーザービームで削っていきます。前面が終りましたらガシャッと後面に向きを換えて同じことをやります。

しかしヤヌークは職人が手作業でやっています。それを見極めてもらうには、サイドの加工を見てもらうと分かります。通常は前後の加工のみですが、サイドにもリアルな加工が施されています。このサイドの加工が加工技術の高さのポイントです。

デニムの種類

モデル

MICHEL スリムストレート

詳細はこちら

VINCENT スリムテーパード

詳細はこちら

NEIL タイトスリム

詳細はこちら

BEN クラシックストレート

詳細はこちら

BRUCE クラシックスリム

詳細はこちら

コラボレーション

ヤヌークでは、様々なブランドや著名人とのコラボアイテムが存在します。最近では、原宿の老舗の有名ビンテージショップのベルベルジンのディレクターの藤原 裕氏とのコラボアイテムがリリースされています。ビンテージジーンズを知り尽くした藤原氏とのコラボは魅力満点です。

詳細はこちら

ヤヌークのデニット

デニムとは異なり、硬くてゴワゴワした感じがなく、リラックスして着用できる素材です。

デニットの種類

織物のデニット

スウェットは編み物、デニムは織物です。編物はどんどん伸びていっちゃって膝抜けになるんですけど、織物は膝抜けも型崩れもしにくいという点が特徴です。しかも緯糸にポリウレタンが入ってますので「ちょっと伸びたかな」と思った時は洗っていただければ、すぐ元に戻ります。編物は加工を施すと糸が切れたりダメになってしまうんですけど、織物の場合はそれがありません。

編物のデニット

360°に伸縮性があり抜群の穿き心地を生み出しています。この生地は独自に特殊改良された編み機で、細かいゲージ設定により作られているので、近くで見ても織物と見間違えるクオリティーで作られています。編み物にありがちな腰の抜けた風合いにならない様に、ポリエステルを用い、ハリ・コシを加えました。また、ベアと呼ばれるポリウレタンのゴムを混ぜ込む事で、しっかりした戻りを生み出し型崩れしにくい優秀なパンツです。美しいスリムテーパードシルエットは、コーディネートの幅が広く使いやすいのが特徴。穿き心地が楽な上に、本格的なデニムのように穿けるので、長時間の移動や運転などのシーンにおすすめのアイテムです。

デニットは、こんな人におすすめ

デニムは履かないけどインディゴが欲しい

デニムを履かない人は、デニムのあの硬くてゴワゴワした感じが嫌いですよね。でもインディゴのアイテムは格好良いから履きたい人は多いです。そんな人にはでニットがおすすめです。先述の通りデニットはスウェット素材のようなデニム素材です。デニムの硬くてゴワゴワした感じはありません。しかもデニム素材なので格好良いインディゴが可能になっています。

リラックスして気軽にデニムを履きたい人

デニットの特徴のそウェット素材のような柔らかい生地が魅力です。そこまでスウェット感が強くないので、ちょっと出かけるとき、こじゃれた感じに見せられると思います。「ちょっと仲間内でホームパーティー」や、デニットのセットアップを着て犬の散歩みたいな場面でも活躍してくれます。

リゾートシリーズ

夏を快適に着飾るにはリゾートシリーズがおすすめ。

リゾートシリーズの特徴

魅力

シャツのようにサラッと着られるシンプルなデザイン。ヴィンテージシルエットで雰囲気をだしつつ、程よいオーバーサイズにしたことで、窮屈感なくどんなボトムとも合わせやすい仕上がりになっています。ネイチャーカラーでまとめた色展開。顔料による製品染めを施し、その後ユーズド加工をかけることで、清涼感のあるルックスに仕上がっていることが魅力です。

素材

贅沢に綿、レーヨン、麻、ポリウレタンの4種の素材の良いとこ取りをして仕上げた8ozデニムです。麻には珍しいストレッチ素材で、麻特有のシャリ感は残しつつ「しわがつきやすい」や「ちくちくする」といったデメリットをレーヨンを入れる事によって解消しています。非常に軽く清涼感がある着心地の良い素材です。

詳細はこちら

まとめ

ヤヌークのデニムは履き心地とシルエットが最高のデニムです。

ヤヌークのでニット素材はデニム嫌いな人でも快適に履いていただけます。

ヤヌークのリゾートシリーズは夏を快適におしゃれに過ごせます。

ヤヌークのデニムは、従来の野暮ったいデニムとは違います。履き心地も良く、シルエットが美しいのでデニムを敬遠していた人でも気兼ねなく履くことができます。まさしく新世代のデニムブランドのヤヌークは、これからのデニムシーンには必要不可欠になっていくでしょう。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です