カーハートのポケットTシャツが最高な理由!おすすめのコーデ!

Tシャツって種類が多くて何を選べば良いか分からない。

カーハートのポケットTシャツを選べば間違いなし!

marosuke

marosuke

それってどんなTシャツなの?

コーデの方法も含めて詳しく紹介していきますね。

marosuke

marosuke

カーハートはワークブランド

1889年にアメリカのミシガン州デトロイトで創設。カーハートといえばタフな素材のダック地やデニム地で作られたカバーオールやワークパンツなどが有名です。そのタフな作りが評判を呼び労働者から絶大な指示を得ています。その確かな耐久性と機能性はワーカーの強い味方です。

カーハートのブラウンダックのカバーオール
出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp/cassettepunch/carhartt

日本ではワークウェアというよりもストリートファッションのイメージが強いです。現在でもニューヨークでは、街中を見るとカーハートのワークウェアを着たワーカーの姿をよく見られます。昔と変わらず高い耐久性と機能性を守り続けていることが分かります。

カーハートのポケTはここが凄い

はじめに

夏のコーデは短調になりがちです。特にTシャツは色とプリントぐらいでしかバリエーションがありません。そんなTシャツのデザインのバリエーションとしてオススメなのがポケットTシャツです。

ポケットが付くだけでデザインがオシャレになり、便利で機能性も上がります。

そんなポケットTシャツでオススメなのが、「カーハートのポケットTシャツ」です。

色数が多い

通常の無地のTシャツのカラーバリエーションは、多くても白、黒、グレー、ネイビーなどの定番色にプラス1〜2色された5〜6色ですが、カーハートの色数は20色程度あります。

取り扱う店舗によって色数は変わってくるのですが、実際に20色を取り扱う店舗もあります。これだけ色数があれば自分の好きな色は必ず見つかります。しかも無地だけではなくボーダーもあることが嬉しい限りです。

おすすめカラー

アースカラー

グレーや黒などの定番色よりも、グリーンやベージュなどのアースカラーがおすすめです。

理由

サイズがやや大きい為(後述します)、比較的にゆったり着る形になるとお思います。アースカラーのような優しい色を選ぶとオーバーサイズでも違和感なく着ることができます。

ヘヴィーウェイト

6.75オンスのコットンを使用しています。ですので生地がしっかりしています。ワークウェアブランドらしいタフなTシャツです。ガンガン着るには最適のTシャツです。さらにワークブランドなので少しヤレた感じできても格好良いです。厚手の生地なので夏に1枚で着ることができます。ワークウエアとしてはもちろん、アウトドアやタウンユースなど様々なシーンに活躍してくれます。

素材

コットン100%(通常のソリッドのカラー)

コットン / ポリエステル(ヘザーやボーダーなどのー)            ※カラーによって素材の比率が異なります。

サイズは大きめ

インポートになるのでサイズは大きめです。日本サイズの1〜2サイズ下げる事をオススメします。下記にサイズ表を作りましたので参考にして下さい。

今のトレンドは少しオーバーサイズでコーデする事です。サイズが少し大きめのカーハートのTシャツは、まさしくトレンドのアイテムです。

サイズ表
サイズ着丈身幅肩幅袖丈
S74525024
M7656.55226.5
L7762.554.526.5
XL8067.55729
※素人採寸ですので多少の誤差はご了承ください

多彩なバリエーション

ヘンリーネックバージョンもある

ポケットTシャツなのにヘンリーネックのバージョンがあります。これは本当に珍しい仕様です。ポケットTシャツにはポケットだけ、ヘンリーネックのTシャツにはポケットが付いていないのが通常です。この2つが合体したハイブリッドな仕様のTシャツです。他では見つけることは出来ないでしょう。ですので実はこれが1番オススメのカーハートのTシャツです。他の人と差別化できるアイテムです。

もちろんロンTもある

ポケットのみの仕様と、ヘンリーネックとのハイブリッドの仕様の両方ともに長袖での製品があります。春先や秋口のインナーに重宝します。もちろん一枚でも着る事ができるスペックなので一枚できていただいても格好良いです。

おすすめコーデ

ポケットTシャツ

カーハートのベージュのポケットTシャツもコーデ
出典:wear.jp

シンプルなスタイルで、色使いが絶妙に上手いです。アースカラーのベージュとグリーンの落ち着いた色のみでコーデしているところがポイントです。コーデで使う色数は少ない方がゴチャゴチャした感じがなく、まとまりがでます。

ポケットロンT

カーハートの黒のロングTシャツのコーデ
出典:wear.jp

ロンTのコーデは体のラインが出やすくぼんやりした印象になりがちです。トップスにダークカラーを持ってくる事でぼんやりとした印象が抑えられています。下半身はチェックのパンツと革靴の上品なアイテムを合わせる事でロンTのカジュアルさ上品な印象に変えています。

ポケットTシャツ×ヘンリーネック

カーハートのベージュのヘンリーなっくのTシャツのコーデ
出典:wear.jp

ヘンリーネックは首元に開閉用のボタンが付いているので、他のTシャツと比べると少しラフで緩い印象です。ボタンは開けて胸元が開ければラフな印象は強くなります。ライトカラーで統一する事でゆるさがアップして夏のスタイルの参考にしたいです。

ポケットロンT×ヘンリーネック

カーハートのグリーンのヘンリーネックのロングTシャツのコーデ
出典:wear.jp

ぼんやりとなりがちなロンTをヘンリーの首元のボタンが装飾の代わりとなってぼんやり感が薄れています。ロンTをコーデするときのポイントとしては、凄く細いスキニーパンツか、凄く太いワイドパンツがオススメです。中途半端な太さのパンツだと、ぼんやりしたシルエットになってしまいます。上半身か下半身のどちらかを、大きくするか小さくする事でアンバランスになり、ぼんやりしたコーデではなく、エッジが効いて格好良くなります。

ポケットTシャツ×ボーダー

カーハートのボーダーのポケットTシャツのコーデ
出典:wear.jp

ボーダーTをコーデするときのポイントは、ボーダーT以外は無地のモノを選びましょう。ボーダーT自信が柄物で強い印象を持っているので、他のアイテムはシンプルなモノでケンカにならないようにしましょう。

まとめ

カーハートのポケットTシャツはヘビーオンスのタフなTシャツです。

カーハートのポケットTシャツは色数が多く、コーデの幅が広がる。

ヘンリーネックやロンTもあり、色々なシーンで使い分けができる。

ワークブランドとして地位を確立したカーハート。その高い耐久性、機能性が作り出すTシャツはデザイン性も高いです。その証拠に日本ではタウンユースとして着用されています。価格もお手頃の為、手に入りやすくオススメのTシャツです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です