ショートパンツならパタゴニアの『バギーズショーツ』が最高な訳!

この夏に履くのに、良いショートパンツないかな?

パタゴニアのバギーズショーツがおすすめです。

marosuke

marosuke

どんなショートパンツなの?

簡単にいうと、1着は持っておくべき最高のショートパンツです。

marosuke

marosuke

バギーズショーツとは?

パタゴニアの黒色のバギーズショーツ
出典:Amazon.co.jp

最高峰のアウトドアブランドのパタゴニアの定番ショートパンツが『バギーズショーツ』です。発売されて35年以上のベストセラー商品です。

何故、ここまで多くの人に愛されているのでしょうか?

仕様

・リサイクルナイロン100%4.5オンス(プリント柄は4.3オンス)を採用。DWR(耐久性撥水)加工済

・両脇に縦型ポケットを採用。

・バックにフラップ付きポケットを採用

・ライナーにメッシュを採用

・ブルーサイン認証済素材を使用

ブルーサインとは?

製造過程において資源を保全し、環境と人々への悪影響を最小限に抑え、原材料を採用する事で最高レベルで消費者の安全性を提供している。

特徴

1度、履いたらハマってしまう事間違いないです。リピーターの多さが、その品質を物語っています。中には一人で何着も所持している人がいるほどです。

汎用性が高い。

速乾性に優れ、水を弾く耐久性撥水加工を施しています。ですので水陸両用での着用が可能で、ビーチやアウトドアやタウンユースなど様々なシーンで着用する事ができます。

ライナーに速乾性があるメッシュを備えています。水着で使う時にすごく便利です。下着を着用しての場合は、人によってゴワつきを感じることもあります。中にはライナーのメッシュを切って取ってしまう人もいます。

履き心地が抜群

約200gと軽量で、履いていてストレスを感じず疲れません。とにかく履いていて楽です。

ウエストは伸縮性があるゴムを使用しており、内側にドローコードを採用しウエストの調節を可能にしています。

両脇に縦型のポケットを配置しており水中での抵抗を抑えるデザインになっいます。ポケットの裏地の角にメッシュを採用する事で水捌けが良く乾きが早いです。

バックにもポケットを1つ配置しており、スナップ留めのフラップ付きにすることによって、かさばる不快感を軽減しています。

定番のアイテム

35年以上も前にリリースされ、現在でも高い人気を誇っているバギーズショーツ。定番という事は、この商品が多くの人々に求められているという事です。流行り廃りがなく、長く着用できる事は大きな魅力です。おしゃれ上級者の着用率も高いです。

カラーバリエーションが豊富

黒色などの定番色はあるものの。毎年違う色やプリントがリリースされています。その年でしか手に入らない可能性もあるので、気に入った色やプリントが見つかったら即購入することをおすすめします。さらに定番色の黒色なども即完売になる事があります。お早めに決断することをおすすめします。

1着目の購入なら黒色がおすすめです。とにかく汎用性が高く、どんなコーデにも合わせやすいのが魅力です。

丈の長さが違うロングがある。

バギーズショートよりも丈が長いバギーズロングもあります。ショートのかけが少し短いなと思っている人にはロングがおすすめです。

丈の長さは、バギーズショートが5インチ(約13cm)、バギーズロングが7インチ(約18cm)です。

1インチ=2.54cm

価格もお手頃

『バギーズショーツ』の価格は7000円台と比較的にお手頃な設定です。『バギーズロング』はプラス500程度、値段が高くなります。すごく安い価格ではないですが、手が届く範囲の設定です。

バギーズショーツのスペックの高さを考えれば決して高くない金額です。リピーターが多いのも頷けます。

サイズ選び方

サイズ感

丈の長さは、5インチ(約13cm)のショート、7インチ(約18cm)のロングがあります。たった5cmの差ですが履くとかなり違った印象になります。サイズアップしても丈のサイズはほとんど変わりません。

バギーズショーツの着用例

パタゴニアのバギーズショーツのコーデ
出典:wear.jp

ショートは膝が丸見えになるぐらいの長さです。モモの中央部分より少し下の位置になるようなイメージです。ウエストをどの位置で履くかや足の長さで見え方は変わってきます。スタイル次第ではかなり短く見えてしまう事があります。それがバギーズショーツらしいですが。

バギーズロングの着用例

パタゴニアのバギーズロングのコーデ
出典:wear.jp

ロングの場合は膝のすぐ上か、膝に少しかかる程度の長さです。ハーフパンツ程度の長さが一番近いイメージですかね。ウエストの位置や足の長さによって見え方は変わってきます。世間一般のショーツの長さに近いのはロングの方かと思います。

ショートはよりアクティブな印象です。アウトドアやビーチに最適です。

ロングは少し落ち着いた印象です。タウンユースにはロングの方が馴染むでしょう。

1サイズ小さめがおすすめ

パタゴニアの製品の表記は基本的にアメリカサイズに合わせた表記になっています。日本人だと少し大きく感じます。通常のサイズより1サイズ程度下げたぐらいでちょうど良いでしょう。

バギーズショーツはサイズの違いで、丈の長さに違いはないです。ゆったり感に重点をおいてサイズ選びをしましょう。

もともとバギーショーツはゆったりした作りになっています。ジャストから1サイズ下げたぐらいでもピッタリせずに、ゆとりを持って着用できます。かなりゆったり着用したいならオーバーサイズでもOKです。

いつものサイズより、1サイズ下げる事をおすすめします。

まとめ

バギーズショーツはアウトドア、タウンユースなどに対応の万能ショーツ。

カラーバリエーションが豊富で好みの色が見つかる。

1サイズ小さめがおすすめです。

夏に向けておすすめのショートパンツのパタゴニアの『バギーズショーツ』。

ショートパンツのコーデを考えているなら、真っ先におすすめします。

本当に最高のショートパンツなので、1度で良いから試して欲しいです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です