非モテ男子からモテ男子へ!女子ウケ最高のメンズファッション!

男性がファッションに興味を持つきっかけはほとんどの場合は女性を意識したときではないでしょうか?

少しでもよく見られたいと思いおしゃれをしようと決意します。

でも今までオシャレに無頓着だった人は「どんなモノを買ったらいいんだろう?」「どうしたらオシャレになるの?」と分からない人も多いと思います。

そんな人がオシャレになる為に少しでも参考になればと思います。

女性が嫌いなタイプを知る

まずは女性が嫌がるタイプを知りましょう。人には絶対のNGなことが存在します。

どんなオシャレな人でも、この地雷を踏んだら最後です。

好かれるファッションで重要なことは嫌いなファッションをしないことです。

嫌いなファッションさえしなければそれだけで合格ラインに到達します。

嫌いなファッションとは何か?これに関してはファッションを含めて全体で紹介します。

女性が一番嫌いなタイプは、それは「不潔な人」です。

毎日、お風呂に入って、頭を洗い、体を洗い、顔を洗い・歯を磨いている、確かにこれはとても重要です。

毎日、お風呂に入るのって意外と大変ですよね。女性は不潔が嫌いです。

女子ウケする為には絶対に必要です。まずは清潔を目指しましょう。

基本的に人間は消去法で選ぶことが多いです。絶対NGだけ避ければ生き残れます。

NO THANKSの文字

女性が好きなタイプを知る

女性に好かれることが目的なので女性が好きなタイプを知ることが大事です。

例えば爽やかな人が好きなのにワイルドな人を目指してもあまり意味がないのでまずどんなところを目指すか決めましょう。

と言っても女性が好きなタイプは様々です。

ここでは1番割合が多いタイプを紹介します。

女性が好きなタイプで1番割合が多いのは「清潔な人」です。さらにプラスするなら「爽やかな人」です。

これは嫌いなタイプと真逆ですね。1番嫌いなことをしなければ、1番好きなタイプにすごく近づきます。

清潔感を出す為に。

髪を短くカットする。

これはオシャレな美容室でカット必要は全然なくて1000円カットで十分です。1ヶ月に1度3000円の美容室に行くなら、1ヶ月に3度1000円のところに行くことをおすすめします。髪を短くする理由は清潔に見せる為です。長く伸びきった髪は不潔に見られがちです。長い髪より短い髪の方が清潔で爽やかに見えます。

ヒゲは剃る。

男のヒゲはワイルドの象徴です。正直に私はヒゲは格好いいと思います。
しかし、男の気持ちとは裏腹にヒゲは女性ウケはよくなです。
不潔で汚いように見えるそうです。

ヨレヨレでボロボロの服は捨てる。

清潔感を出す為には必須です。ヨレヨレでボロボロの服は不潔に見られます。女性が一番嫌いなタイプです。もったいないかもしれませんが心を鬼にして捨てましょう。女性ウケに関していえばボロボロの服は「百害あって一利なし」です。

デニム素材のジーンズやGジャンの場合は色落ちしているものはボロボロと判断していいでしょう。
ジーンズ は色落ちも楽しむファッションではありますが端から見たら汚いズボンです。

破れたジーンズを履いた女性

キレイめカジュアルが女性ウケ抜群

女性にはキレイめカジュアルがウケ抜群です。やっぱり、清潔で爽やかに見えますからね。

キレイめカジュアルとはどういったファッションか?

キレイめとカジュアルが混ざったファッションです。

例えば、スーツでスニーカーを履くようなイメージです。(例えのコーディネイトはあまりよくなですが・・・)

キレイめカジュアルのファッションには重要なルールがあります。

それはキレイめを多めに取り入れることです。黄金比はキレイめ8:カジュアル2です。

これって、どのぐらいの割合かというと、全身キレイめでまとめた中の1つのアイテムをカジュアルに変える程度です。このルールは守りましょう。

キレイめカジュアルの印象

キレイめは大人っぽい印象を与えます。

カジュアルは子供っぽい印象を与えます。

大人っぽいファッションで1部分に子供っぽさを取り入れる感じです。

服選びの時も大人っぽいなと思ったらキレイ目です。逆に子供っぽいな思ったらカジュアルです。

女性って大人っぽくて子供のような目をしている人好きですよね。黄金比の8:2が見事にハマります。

キレイめカジュアルのおすすめアイテム

どんなアイテムがキレイめで、カジュアルか分からないと購入もできないのでアイテムを紹介します。

おしゃれするなら、このアイテムは持っておこうというアイテムです。

アウター

無地コーチジャケット

万能タイプのコートです。カジュアル感は強いですが、襟がついているのでキレイめにも見えます。ナイロン素材で軽く苦痛になりません。気楽に羽織れるのでおすすめです。

コーチジャケット

トップス

白シャツ、薄い水色、薄いグレー

キレイめスタイルの定番のアイテムです。ハズレがないので間違い無いです。これ以上のキレイめのトップスはないです。

オックスフォード ボタンダウンシャツ

インナー

白い無地のTシャツ(長袖Tシャツ含む)

これは鉄板です。シャツの下にロゴが入ったTシャツをきると透けてロゴが見えてしまいますよね。これはNGです。

ロング丈ワッフル長袖Tシャツ

ボトムス

暗い色の細めのズボン

どんな服にも合わせやすく、さらにキレイめなので最初の1本に最適です。

黒スキニーパンツ

コンバースオールスターの黒のローカット

これはスニーカーも中で一番おすすめです。癖がなくどんな服にも合わせやすいです。白では無い理由は白は汚れが目立つからです。革靴などもいいのですが、革靴は値段もピンキリでモノによっては合わせにくいので、ちょっと難易度が上がってしまいます。

OKだと思っているけど実はNGな服

チェック柄系のアイテムです。主にチェックシャツですね。

なぜNGかというと、チェックって色も柄も無数に存在します。

その無数の中から自分に似合うチェック、オシャレに見えるチェックを探すのは初心者の人には難易度が高いです。

初めのうちはチェックは避けた方がいいでしょう。オシャレに慣れてくれば強い味方になってくれます。

おすすめサイズ感

オシャレをする上で一番重要です。サイズ感の合わせ方が上手い人はそれだけでオシャレに見えます。

旬のサイズ感は少し大きめです。

シャツは少し大きめでいいでしょう。

Tシャツも1枚で着るなら、少し大きめでいいでしょう。インナーで着るならサイズはジャストでいいです。

ズボンは細身を履くならジャストサイズがいいでしょう。ベルトしなくてベレ落ちなければOKです。

靴は足が痛くならないようにサイズを選びましょう。

おすすめの色

おしゃれする上で色使いも重要な要素です。

色使いでオシャレが台無しになるなんてこともあります。

OKな色

白、黒、ベージュ、ネイビー

NGな色

赤、青、黄色などの原色で派手な色。

派手な色は扱いが難しく、キレイめには不向きな色です。どちかと言えばカジュアルよりの色です。

キレイ目は大人の印象を与えることが大事なので落ち着いた色の方がいいです。

まとめ

・女性は不潔が嫌い。

・女性にはキレイめカジュアルがウケる。

・キレイめカジュアルの黄金比は8:2。

・まずは定番アイテムから購入する。

・サイズ感は少しゆったりめ。

・派手な色は避ける。

ファッションは頑張れば絶対にオシャレになります。

スポーツのようにセンスが大部分を占めているようなことはありません。

今までファッションに触れて来なかっただけです。初めは迷うことも多いと思います。

その壁を乗り越えた先に自分のスタイルが確立され気づいた時はオシャレでモテ男子になっているでしょう。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。